転職するなら求人サイトや求人誌を活用しよう

鍼灸師になるには

鍼灸師になるためには

鍼や灸は中国から伝わった歴史ある施術方法で、薬を使わずに体の不調を改善する施術方法です。これらの施術を行うことができるのは国家資格を保有した人に限られています。鍼と灸のそれぞれに国家資格が必要で鍼灸師とは両方の資格を有した人を指します。 鍼灸師の国家試験は毎年1回行われていますが、受験資格を得るためには国が指定した養成機関で必要な単位を取得し卒業することが必要になります。 鍼灸師の資格を得ると鍼灸院を独立開業出来る他、鍼治療を扱っている病院や診療所などで勤務することができるようになります。 最近では、鍼灸師と柔道整復師の両方を学ぶことができる養成機関も多いため、両方の国家資格を取得し、鍼灸整骨院を開業する人が増加傾向にあります。

鍼や灸の効果について

鍼治療は、体のツボに鍼を刺すことによって刺激を与え、血行を良くしたりバランスを整える効果があります。治療法もいくつかの種類があって、鍼を刺してすぐ抜く方法や、一定時間鍼を刺したままにする方法、鍼に低周波を流す方法などがあります。これらの方法は症状などに応じて使い分けられます。 灸治療も色々な方法がありますが、直接体の上に灸を置くのではなく、間接的に熱を伝える温灸という方法が一般的によく行われている治療法です。 鍼や灸はすぐに効果が現れる人もいますが、何度か治療を続けていくうちに徐々に改善していく場合が多くなっています。 また、疾患によっては保険診療が可能なものもありますが、その場合は事前に病院で医師の同意書をもらう必要があります。